スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事は常にTOPにあります!

キャプチャ

いらっしゃいませヽ(。ゝω・。)ノ
このブログはStopping!!のサドンアタックの日常を書きます。

助っ人等も行けますので御用の方はIRC:#stoppingまたはSkype:funya217までお願いします!

気軽に絡んでくれるだけでも喜びますので、ゲーム内でも是非声かけてくださいね^^

相互リンクも随時募集中なので気軽にコメントお願いしまーす!
スポンサーサイト

ロールキャベツ

あれは気まぐれだったのかな
ぽっ っと現れた野良猫
最初は遠くから眺めてどんな動きするんだろう
って興味持ってるだけだった

次の日もその猫は現れて
今度は勇気を出して触ってみた
触るとゴロニャンないて自分からも寄ってきたりして

帰りはいつもの路地でその猫と遊ぶのが僕の日課になってきた
でも猫の扱いになれてるほうでもなく
何を考えているのか エサはなにをあげればいいのかすらわからない
そう僕は無知で、ただ遊んでもらってるだけ
何も与ることができてないのに

ある日猫は僕にたずねる
「君はどうして毎日ここを通って帰るの?」
僕は答える
「今日もいるのか確かめたかったから。」

いつもの路地で いつもの遊び
飽きることなくまた次の日

いつしか猫は猫ではなく別のものに見えてくる
ペット?いやそんなものじゃなかった
そう、言葉でもなく目でも見えない
でもあきらかに違うものが見える
そして僕はその猫を飼いはじめるんだ。


猫はふらっと家を出て その日のうちに帰ってくる
そういう生き物とだけは知っていた。

でも野良猫と間違われたくないから
僕はおそろいの首輪をつけたんだ
これで一安心
どこかに引き取られることもないだろう

猫はリードをつけてお散歩なんてしない
そういうものなんだろうと思い
リードまでは買わなかった

たまにリードをつけた猫を見かけた
こういう飼い主もいるんだと思ったが
どの猫もどこか苦しそうに見えた

きっと猫はリードを嫌がるんだ
そう思い僕はつけなかった


親ばかという言葉があり、自分の猫は本当にかわいく見えるものだ
言うなれば
他の「猫」は「猫」、自分の「猫」は「お猫」と言ったところだろうか


ある日その猫は見たこともない一面を僕に見せる。
その日もぷらーっと家を出て帰って来たときのことだった。
太陽しかみたことがなかった僕は
大雨を見てどうすることもできない。
傘をさしてあげようとするが
僕の持ってる傘では覆いきれない大雨
ただまた陽が昇るのを待つことしかできなかった

僕がもっともっと大きな傘を持っていれば
僕が大雨をふっとばすぐらいの輝く太陽であれば
もう少し濡れずにすんだのかな。
飼い主失格だよね。


そうこの子はもともと野良猫だったんだ。
きっとどこかに家もあってお母さんもいる。
僕は探しに行く 
そして長くかかったようで
見つけてみれば案外短い時間で僕は探しあてる。

そこで過ごす時間はいつもと同じようで
同じではなくとても重要な、大切な時間だった。
周りは普段と変わらない時間が
変わらないスピードで過ぎているはずなのに
僕にはとてつもなく早く
時間は平等ではないのじゃないかと思うほどだった。

そしてその猫を僕はその家に置いて帰る。
野良猫だったとはいえあそこまで懐いてくれて
癒される存在は他になかった

おそろいの首輪もはずし
いつもの路地にもいない
自由になった野良猫は誰かに拾われ人間を知っていく。

人間は僕だけでいい
僕がすべてを教えてあげたかった
今だってそう思ってる
それが正直なとこ。

いまさらなんだけどね
リードもつけとけばよかったのかなって
そんな風に思っちゃったよ。

でも僕は後悔はしない。
本当に楽しかった ありがとう。
それから何もしてあげられなくてごめんね。

僕はいつもの路地でいつもの野良猫達と遊んでる。





多分これが僕の最後のブログ更新。
少数の方でしたが、更新する度に見てくれている人がいたのは知っています。
本当にありがとうございました。
またどこかでお会いしましたら気楽に声をかけてください。


じゃーまたね

#28.華麗にStopping!!

おはようございます。

最近はOFA_secondというところでcwさせてもらってます。
非常に楽しめているのでいいですね!
でも動向ひどいことなってSR動向55まで落ちた^^

チームが勝てばいいんです。
KDよければいいってわけじゃないんです。
そう信じてる。


昨日ロールキャベツ初めて作った!

コンソメスープで作ったんだがうまっしゅ(*´ω`*)
でも手間が結構かかるから時間あるときじゃないとなかなか作れないねー。


ロールキャベツ


こんな感じ(*´ω`*)
合計5つ作ったから結構ボリュームはあったよね!

ちなみに中はこんな感じ(`・ω・´)

ロールキャベツ2


おいしそうでしょ?でしょでしょ?


んで今日はオムライスも作った。
オムライス簡単でうまくていいよね。

111112_034709.jpg


お料理楽しいねっ♪


#27.華麗にStopping!!

ひっさびさの更新でござる。



a.png

d.png

f.png






SAのほうはナイフと特殊と投擲泣きながら頑張りまして司令官なりました!


のいず・まえまわり・えりおっと・あれすた・りくちゃん・ねぷちゅーん・ばるみりー・てんちゃん

おめでとうありがとー!


ばるみりーにはハロウィンまでもらっちゃって濡れちゃいました。



今日あたりからまたブログ更新しますね。

ロールキャベツ作ろうかな。
作ったらUPする





#26.華麗にStopping!!

大学1限行ってきて今帰宅しました。
最近更新してなかったから更新したいと思います。

SAネタは今回はお休みしまして今講義で聞いてきたこと書こうかな。


さっきの講義はかなり衝撃的だった。
まず最初に、動物はみんな幹細胞というものを持っているんだって。その細胞は受精してから細胞を作っていくような働きをするらしいです。
イモリという動物がいますよね。イモリというのは足が切断されてもしばらくすれば元通りに再生することはみなさんご存知でしょう。 他にもヤモリのしっぽや、クラゲとかも再生するのかな。
その再生には全部幹細胞が関わってるみたい。


結論から言えば、指を切断された人間が幹細胞の働きで指を元の形に再生させたという事実があるらしい。
非常に大きな衝撃を受けた。
幹細胞という細胞はあらゆるものの原点みたいなものみたい。
でもこの幹細胞が生まれつきうまく機能しないという子どももいるみたいなんだ。
いわゆる難病ってやつだよね。今まではどうすることもなく、輸血を定期的に行うことや臓器を誰かから提供してもらう等をしてたんだけど、それは少しの時間稼ぎにしかならないことが多いんだってさ。

そこで他の人から幹細胞をもらうという医療技術が今注目されてるみたい。
でもその幹細胞の遺伝子はかなりの数があって、自分と合うのは何万人に1人とからしい。
兄弟だと4人に1人が合うみたい。
そこで自分の子どもが難病にかかった親はどうするのか。


察しがいい人はわかったと思うんだけど、兄や姉を救うための子どもをもう一人授かるんだってさ。
こういう兄弟を    救世主兄弟    と呼ぶらしい。

あまりネタにはしたくないけどすごい名前つけたよね。

まぁそれはいいとして、そんなことが現実にいくつも起こってるみたいです。
すごい衝撃的なことじゃないですか?
本当に驚くことしかできなかった。

で、その医療技術は今のとこ問題はないみたい。
でも社会では、
「命を一つ救うためにもう一つ命を授かるのはどうなんだ。」
「生まれて来た子どもは兄に臓器を与え、細胞を与え、まるでスペアみたいじゃないか。」
「こういったことは倫理的にどうなんだ。」
等の意見が出てるみたいですね。


ここで僕個人の意見を書きます。 誰得とか言わないで;w;

人間という生き物は、自分が助かれば、自分の子どもが助かれば、自分の家族が助かればいいと思う自己中心的な考え方をみんな持っているはずでしょう。だから今までも、違反とされてきた臓器売買が後をたたなかった。
自分の家族を助けるために他人から臓器を買うこと。倫理に反すると分かっていてもそれを自分で抑制することは不可能に近いものだと思う。
もしも救世主兄弟を生んだ両親を叩いている人々が同じ状況になったとき、自分の大切な人が難病にかかっている状況になったとき、その人たちは表と裏が一瞬にして入れ替わり、この技術に大いに賛同し、倫理など忘れて何でもするだろう。
この技術に関して、僕は本当にすごい医学の進歩だと思った。同時に、人間は開けてはならない扉を開けてしまったのではないかとも思った。この技術は自然というものに大きく逆らい、本当に神にも近い技術なのではないだろうか。
この技術を応用すれば肌を若返らせてり、シワをなくしたり、切断された指を回復させたり、何でもできてしまうらしい。
クローンだって近いうちにできてしまうんじゃないかな。 そこまでいくとさすがに怖いけど、人間ってほんと賢い生き物だよね。
僕はこの技術に今の段階では大いに賛成。救世主兄弟にももちろん賛成。だって自分の子どもがこんな状態になったら何してでも助けるでしょ。



↓近い未来↓

続きを読む

プロフィール

stopping!!

Author:stopping!!
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。